プランナーブログ

結婚式二次会会場の選び方!プロが教える7つのポイント!

投稿日:2017年02月16日  
更新日:2017年04月01日
山田 峻矢 執筆者情報
2次会本舗 山田 峻矢

皆さんこんにちは。
2次会本舗・二次会プランナーの山田(ようだ)です。

結婚式の二次会を成功させる為に、最初に訪れる大きなターニングポイントが会場選びです。

雰囲気が素敵でオシャレなところ!という選び方ももちろん大切ですが、実際に二次会で利用するとなると押さえておきたいポイントも出てきます。

今回のブログでは、
二次会成功のためにチェックしておきたい会場の7つのポイントをお教えいたします!

①料金:プラン料金だけでなくドタキャン&飛び入り料金もチェック

まず、最初に検討するべきポイントは、会場のプラン料金です。
会費設定にも大きく関わってくるので、新郎新婦でしっかり検討しましょう。

また、二次会はどうしても当日ドタキャンの方や飛入りの方が出てきてしまいます。
飛入りゲスト、ドタキャンゲストの料金はどうなるのか。全額なのか飲み放題の料金だけなのか。
飛び入りゲストがいた場合、お料理は追加で出してくれるのか?
そういったところも確認し、パーティー当日予想外の出費がないようにしておきたいですね。

料金部分で、もうひとつ気にしておきたいのが最低保証料金
こちらは「パーティ会場を貸しきるために、少なくとも会場にこの額は払ってくださいね。」というお約束の料金です。

保証料金が高ければ、ひとりあたりの料金が安いプランがある会場でも、ゲストが集まらなかった場合、ひとりあたりの料金を上げざるを得ないことに・・・。

ゲストへお声がけをしてみて、予定よりゲストが来れなくなったとしても、最低保証料金に到達できるような会場を手配しておけるとよいでしょう。

IMG_0678

②アクセス:披露宴会場&最寄駅から両方とも検討

二次会の参加ゲストは、ご披宴から二次会に流れるゲスト、二次会から来られるゲスト。
そのどちらも一定数、存在するパーティーが一般的かと思います。

どちらのゲストの事も考えると、アクセスは必ずチェックしたいポイント。
披露宴会場からも最寄り駅からの距離もできれば徒歩10分以内の会場にしたいところです。

また会場のHPやレストラン情報サイトに載っている「徒歩○分」の表記を、完全に信用しないこと!「(かなり早歩きの場合)徒歩○分」というケースもあります。笑

グーグルマップなどで、披露宴会場・二次会場・駅を検索し、客観的な「徒歩○分」を検索しておいたほうがベターです。

③レイアウト:会場の形は正方形、スタイルは半立食がベスト!

どこに誰がいるのか、どの方がどんな顔をしているのか、人目でわかるのが見渡しの良い正方形・長方形の会場です。

L字の会場の場合は、ゲスト同士の顔が見えにくいため、ゲームの際など、一体感が出にくくなります。

また気をつけたいのが柱の有無。
柱が多いと、写真撮影の際など思わぬ障害になってしまうことも。
できれば会場中央付近に柱がない会場を選びましょう。

また、会場によってはレイアウトの変更ができなく、着席もしくは立食しか受けられないという会場もあるので、希望がある場合には、事前にチェックしておきましょう。

お二人のご希望にもよりますが、二次会は半立食パーティがオススメです。
動きが出やすいので、色々な方と歓談がしやすい形式です。
完全に着席してしまうスタイルは、落ち着き過ぎてしまう傾向があります。

半立食形式の場合、イスが何脚ほどおけるのかも合わせてチェックしたいポイントです。
女性ゲストの参加予定数の8割程度が座れる脚数は欲しいところ(男性はぐっと我慢です!涙)

また着席形式をご希望の場合には、多少、人数が増えてしまったとしても
その人数が着席できるかの確認もしておきましょう。

予約の時点では人数は未確定ですからね。

④お料理:披露宴からの参加ゲストは何割くらい?

パーティの印象として料理やドリンクの質は大きくゲストの印象に残ります。

二次会からの参加ゲストが多いパーティーの場合には、ある程度のボリュームが出るプランになるよう飲食プランを確認します。

また、披露宴からの参加ゲストが多いパーティの場合だと、お料理は披露宴で皆さん沢山召し上がられているので量より質にこだわった方が良いでしょう。

ボリュームのあるメニューをデザートに変更できるか、ドリンクの種類を増やしたりできないかなど、相談してみてもよいかもしれないですね。

披露宴のお料理タイプは、フレンチやイタリアンの場合が多いと思うので、二次会は思い切って、中華やアジアン料理の会場を選び趣向を変えるのもおススメです!

gallery_party10

⑤貸切利用可能時間:3.5時間貸切がベスト!

見落としがちなポイントですが、貸切利用ができる時間も確認しておきましょう。

タイトルでは3.5時間の貸切がベストと記載しておりますが、その内訳は、幹事準備30分・受付30分・パーティー2時間・お見送り(撤収)30分で、
あっという間に3.5時間です。

準備・受付含め30分だったり、パーティー2時間の中にお見送りも含んでいたりする会場もあります。
ゲストを追い出すようにお見送りすることがないように、しっかりと確認しておきましょう。

s_撮影した写真が見れる専用HPへのログイン方法つきのサンキューカードも作成します

⑥会場設備:個室やクローク、トイレも確認しておくのがベスト

パーティーによっては、必須の会場設備も出てきますので、しっかりと事前に確認しておきましょう。ここでは3点紹介します。

1点目は、個室の有無です。

個室スペースは、新郎新婦のパーティーまでの待機場所、喫煙場所、余興の着替え場所、授乳室など、様々な利用用途があります。

必ずしも必要というわけではないですが、お呼びするゲストを考えたときに、必要そうであれば、個室がある会場を選びましょう。

2点目は、クロークの有無です。

披露宴からの参加ゲストが多い場合、引き出物などを置いておけるスペースが必要になります。
二次会の場合、スタッフが一名ついて荷物をお預かりするような本格的なクロークを確保するのはかなり難しいので、
「荷物置き場」として用意できるスペース、個室があるかどうかを確認しましょう。

3点目は、トイレの数です。

二次会はお酒の場ですので、トイレが混み合うことも多いです。
セレモニー終わり、ゲーム終わりなど、一定のタイミングで殺到しやすいこともあるため、男女別に用意があるのか、複数設置してあるのか、綺麗なのかなど、確認しておくのが良いでしょう。

s_高砂レイアウトも自由に相談可能です

⑦オプション:有料でご用意いただけるもの、無料特典を確認

二次会に欠かせない設備を利用する際に、別途料金がかかるかどうかも大事なポイント。

1.マイクの本数・料金(有線マイクか無線マイクかも確認します。)
2.プロジェクタースクリーンの利用時の料金
3.ウェディングケーキの料金

少なくともこのあたりは確認しておきましょう。

また、無料でお借りできるものも確認しておければよいですね。
チェキやビンゴカード・ビンゴマシーン、プチギフトかごなど、会場から借りられる場合もあるので、出費が抑えられそうな部分はお借りしましょう。

また飲食プランに加え、会場費やサービス料を別途設定されている会場もあります。
電話で料金などを確認する際には「飲食代以外に必ずかかってくる料金は何かありますか?」と聞けば間違いありません。

IMG_7135

優先順位はパーティーによる

いかがでしたでしょうか?

チェックしておきたいポイントを羅列してまいりましたが、すべてを満たす会場を見つけるのはなかなか難しいことです!

「どういったパーティーにしたいか」「どの部分を重要視するか」によって、優先順位は変わってくると思いますので、パーティーのイメージをしっかり新郎新婦で話し合ってから会場を探せると、素敵な会場に出会えると思います!

ぜひ、参考にしてみて頂ければ幸いです。

(2017.2.16追記・編集)

▼ 2次会本舗のサービス内容をチェック! ▼

自己負担0円!お申込金0円!2次回をプロの幹事が完全プロデュース!2次会本舗

▼ 2次会本舗のサービス内容をチェック! ▼

自己負担0円!お申込金0円!2次回をプロの幹事が完全プロデュース!2次会本舗
資料請求・お問い合わせ 0120-008-831 無料相談フリーダイヤル受付時間10:00~20:00
【会社案内】
0120-008-831
【2次会パーティに関するお問合せ】
03-6380-8108